ペット、犬のしつけについて

2009年01月07日

ペット飼いたいなぁ。
派とか派とかありますけど。

どちらかというと犬派かしら?

でも犬を飼うと、なんといっても難しいの「しつけ

しつけについて調べてみますた。

しつけを始める時期
まずしつけを始める時期についてですが、これは早ければ早いほどいいといわれています。
犬種や年齢によって、またその犬の育ち方や個性によってもさまざまですが、
一刻も早く、信頼関係と服従の心地よさを教え込むべきだそうです。


噛み癖について
噛み癖のしつけ重要なのは噛んでもよいものとダメなものの違いをわからせること。
だいたい乳歯から永久歯に生え変わる頃から人にじゃれてかんだりするようになるらしいです。
強く噛んだ際にはしっかり叱り、痛かったことを犬に悟らせ、教えるこみましょう。
そして噛むのをやめたらちゃんと褒めてあげるべきなんですって。
愛情を持って接するのが基本ですよね。

吠え癖について
無駄吠えにいちばんよいのは、仔犬の頃からしっかりしつけるべきだそうです。
吠えた瞬間におどろかせたり、チャイムの音に反応して吠えるのなら座っているカーペットなどに紐をつけておき、吠えた瞬間に引っ張って転ばせるなどして吠えてはいけないことをわからせます。
コツは天罰のように、飼い主がやったと気づかれないようにすることです。
なるほど、これは難しいですけど効果的ですよね。
最後は基本として愛情をもって繰り返し行い、吠えなかったらおやつをあげて褒めてあげましょう。

仔犬の夜鳴きについて
まだ小さな犬の場合、夜になると寂しくて吠えることがあります。そんなときは心を鬼にして無視し、
相手にならないようにしましょう。
寂しくないようぬいぐるみやおもちゃとかを置いておくもありのようです。


トイレのしつけについて
トイレの場所をしっかりと決めるとしつけがしやすいでしょう。寝起き、食後、水分補給後、
運動中などの際にはちゃんとトイレへ連れて行き、用を足すのを見届けてください。

つまり、体調管理をするってことなんですよね。

そして失敗したらしかるのではなく成功しやすいよう心がけ、トイレで用を足したら褒めてあげることを
忘れないよう注意しましょう。
これによってトイレで用を足す→誉められる→嬉しい→またトイレでするというパターンが犬の頭の中にインプットされるまで頑張ればOK。


ふぅ、大変ですね。
結局は飴とムチの使い分けなんですね。

やはり生き物ですから、愛情をもって、その子のために厳しく優しく接することが大切なんですね。
ヾ(〃^∇^)ノ♪
posted by mixed-media at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112252533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。