お勧め暖房器具。カーボンヒーター、セラミックヒーター

2009年01月07日

暖房器具は何を使っていますか?
私はエアコン

朝は電気ストーブ電気カーペット

エアコンは長時間部屋に居るにはいいけど、
即効性はないので、
朝は電気ストーブのそばでこそこそ仕度をします。

雑誌を見てて知ったんですけど、少し前に流行ったハロゲンヒーター
なんか扇風機みたいな格好した暖房器具。

これはもうなくってきているそうです。
光がまぶしいのと、音がうるさい。
さらに不良品による発煙や発火で問題結構起きていたようです。

で、代わりに流行ってきているのが
カーボンヒーター
セラミックヒーター

カーボンヒータの特徴を調べました。
発熱体に電流を流し、熱や赤外線を放射するという原理は
一般的な電気ストーブと共通。

灯油やガスなどといった燃料を必要とせず、
燃焼を伴わないので室内の空気を汚染しない。

しかし伝熱のほとんどを放射によっているため、
空気の温度を上げることには向いていない。
こうした特徴から、部分暖房として用いられるのが一般的である。
可視領域へ放出されるエネルギーの割合が多いハロゲンヒーターとは異なり、
カーボンヒーターでは多くのエネルギーが赤外線領域に放出される。

セラミックヒーターの特徴。
燃焼を伴った暖房器具ではないために、
空気を汚しませんので換気の心配はいりませんし
、火傷なども心配もあまりいらない。
しかし、電気料金は約27円/時間とかなりお高くつくよう。

さらにその為か、セラミックヒーターは小型で
せいぜい8畳クラスまでの商品が主流のよう。

つまり、大きなお部屋全体を長時間暖房するには向かない暖房器具だといえます。


ふーん、どちらも部分的な暖房器具みたいですね。


で、調べていて出てきたのが床暖房。

床暖だけで部屋中が十分暖かくなり、
エアコンや、ほかほかカーペットを使っているときよりも節約出来る。
主に床暖房だけなので部屋の空気もきれい。

いいなぁ、床暖房。
設置するのに手間と費用がかかる。


うーん、どれがいいんかいのぅ?

全然結論出ずに終わるということで今回はココまで!
まことにスミマメーン!
\(´∀`)丿
posted by mixed-media at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家電に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。