教育ローン・・・国民生活金融公庫とか。

2009年02月03日

教育費って大変ですね。
私は子供がいませんから、まだ分からないですけど、子供を持つ友人たちは将来にかかるであろう教育費に不安をよく言ってます。

国民生活金融公庫教育ローンを希望する学生を持つ親が多いと聞きます。

国民生活金融公庫の教育ローンは、いわゆる「国の教育ローン」というだけあって、
他の教育ローンに比べたら、有利な貸し付け利率が特長となっています。

平成20年1月現在、銀行系各社の教育ローンの貸し付け金利は年3%〜5%くらいですが、
国民生活金融公庫の教育ローンの貸し付け金利は年2.5%です。


同じ教育ローンを利用するなら、選択の順番としては、第一に国の教育ローン、
次いで銀行というのが基本だと思います。

少しでも返済総額が少なくて済めば、助かりますよね。

そのため、貸付利率が有利な国民生活金融公庫の教育ローンは人気があるわけです。

でも融資を受けなければならないだろうといった場合には、まず奨学金制度を利用すること、それから国民生活金融公庫の教育ローンで補うこと、この2つでやりくりすることをお勧めします。

返済は簡単ではありませんから、出来るだけ借りれ額を抑えたいものです。

では、国民金融公庫の教育ローン審査には、いくつかの条件があるそうで、国民金融公庫の教育ローンは、融資をする際に担保を要求しませんから、公庫側では安定収入、及び勤続年数をもっとも重視します。
水商売やアルバイトは安定収入と見なされず、審査に通らない可能性もあります。

やっぱり、まじめに働くの大切ですよね。

ああ、親って大変。
(^д^;)
posted by mixed-media at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。