FX(外国為替証拠金取引)って

2009年02月10日

FX外国為替証拠金取引)ってよくビジネス雑誌とかによく取り上げられてますよね。


株、投資信託、不動産…いろいろな投資がある中、今、注目を集め取引量が増えている資産運用です。

FXというのは、1998年に外為法が改正された事で生まれた取引です。
それまで銀行にのみ許されていた外国為替の取引が、広く一般にも開放されたのです。

ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大したそうです。

取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要するわけですから、どうしてもハードルは高そうですよね。

相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を受けることもあるでしょうから。

何より小さな金額で始められることが最大のメリット。

これは、預け入れたお金を「証拠金」として扱い、それを担保として、証券会社から大きな金額の取引を行う権利を得るというFXの仕組みから来るメリットです。

あと、24時間取引だそうで、会社で働きながら株投資などをした事のある方でしたら、ありがたいか投資方法といえますよね。

でも、リスクといえば
例えば5万円を預けて100万円分の取引が出来るようになった場合。
1ドル100円として、1万ドルを買ったとします。
そうすると、ドルが110円から109円になった(1円動いた)だけで、あなたの資産は1万円減る事になるんですね。
レバレッジをかける事で少ない元手で始められる反面、値動きの影響も大きくなってしまいます。
株の投資では1円動いたくらいでは、利益にも損にもなりませんがFXでは1円動くと、それだけで利益も出ますし、損になる事もあります。

これ現象をレバレッジが聞いていうそうです。
レバレッジとは日本語で言えば『てこの原理』のこと。

株投資の感覚とはずいぶん違ってきますので、これは「小さな値動きをちゃんと見る」っていうのがポイントです。
また流動性リスクが少ないとはいえゼロではないという認識はしておくべきです。
とくにこれはマイナーな通貨で取引している場合は注意が必要です。
テロや事故・事件の影響で大きく市場が変化してしまうんです。

FXに興味のある方や、FXを勉強したい方、もう一度FXを一から勉強しなおしたいという方など、インターネットで「FX入門」を検索してみてはいかがでしょうか?
posted by mixed-media at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114016191
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。