バレンタインデーのチョコレートに見える人間性

2009年01月27日

森永製菓が2008年1月7日に発表した「女と男のバレンタインデーの意識調査」によると、ほとんどの女性(90.8%)が本音として「もしもらえるものなら、バレンタイン時期に男性からチョコをもらってみたい」という「逆チョコ」願望を抱いていることが分かった。

チョコを贈る立場の女性だが、69.7%が自分にチョコを買った「マイチョコ」経験があり、89.6%は彼や家族に贈ったチョコを自分も食べたと回答。女性の多くが「自分もチョコを食べたい」という欲求を、自身でチョコを買ったり、人にあげたチョコを食べたりすることで満たしていることが分かった。

本来の恋愛イベントだけではなく、そこで「義理チョコ」という要素が入り込んできたわけですが、考えてみるとこの仕組み、非常に製菓会社にとってはうまく出来ていたのですね。

というのは、本来恋愛対象のみに送るチョコを、その感情がいない人も拡大させ、さらにはお返しとして売り上げ要素をさらに増やしてしまったのですから。

おそらくですが、本命チョコよりもこの義理チョコのほうが、売上比率としては高かったのではないでしょうか。

職場でのバレンタインって面倒ですよね。女性からすると。

義理チョコ代も馬鹿にならないしね・・・

何気にオヤジ上司はさりげなく、「今年もくれるんでしょ?」的話題を振ってきたりもしますもんね。

それに変に渡し方間違えたりするとあらぬ噂の種になっちゃうしね・・・

面倒くさいなぁ。

その経費を節約するには・・・
男性一人ずつに女性が連名でチョコを送るのがお勧め。

一対一で渡すより気も楽だし、義理チョコをきっかけにデートに誘う手口も防げるわけですよ。

でも、バレンタインデーのチョコってその女性の人間性を試されている部分のあるような気がします。

職場での人間関係への「協調性」「臨機応変」

常識はずれの金額だったり、あまりにも貧相な物ではないように「バランス感覚」

もらった人に喜ばれる「センス」があるか…

デキる女性であることをさりげなくアピールできる日でもあったりします。

う〜ん、めんどくさ。

posted by mixed-media at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粗大ゴミの回収、処分業者ロボット

2009年01月14日

人類に見捨てられ、地上は粗大ゴミによって荒れ果ててしまった29世紀の地球。
ロボットのウォーリーは、ひとりぼっちで700年にもわたってゴミ処理、回収に精を出していた。

っていうが物語の冒頭設定。

最近、みたいなぁと思う映画。

『WALL・E ウォーリー』

ディズニーとピクサーが放つ、最新CGアニメなんですけど、

舞台は地球はゴミだらけの星になってるんですね。

これは実際、ただのアニメの設定じゃないような気がしたりもします。

ゴミのキーワードでネットで調べていたら
ゴミ処理回収業者ってたくさんあるんですね。

テレビでゴミ屋敷とかの特集とかもよくやってますもんね。

ゴミ屋敷とは言えずにゴミを片付けるの苦手な人っていると思いますし、
実際にゴミが急に出ちゃう時ってあると思います。

引越等で、不用品、粗大ゴミの回収、処分に困っている方。
家の大掃除等で、粗大ごみ、不要品を処理、廃棄して欲しい。
転勤等で、粗大ゴミ・不用品が大量に出たので処分、廃棄したい。
会社の移転で、粗大ゴミを回収、処分したい。

これで業者さんに頼む人も増えてるようです。

でも、ふと思うんです。

業者さんでゴミを引き取ってもらって、そのゴミの行き先はどうなってるのでしょう?

結局は、ゴミの移動をしているだけでどこかにゴミは積まれていくばかりかもしれません。
(-公- ;)ウーン

映画のようにゴミだらけの星になるんじゃないかもしれませんよ、いつかは?

映画でのウォーリーはひとりぼっちで700年にもわたってゴミ処理、回収してるんです。

この設定って凄く寂しいなぁ。

ゴミを出さない。

これが一番。ほんとに未来にウォーリーみたいなのが出来ませんように・・・
(。-`ω´-)ンー
posted by mixed-media at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット、犬のしつけについて

2009年01月07日

ペット飼いたいなぁ。
派とか派とかありますけど。

どちらかというと犬派かしら?

でも犬を飼うと、なんといっても難しいの「しつけ

しつけについて調べてみますた。

しつけを始める時期
まずしつけを始める時期についてですが、これは早ければ早いほどいいといわれています。
犬種や年齢によって、またその犬の育ち方や個性によってもさまざまですが、
一刻も早く、信頼関係と服従の心地よさを教え込むべきだそうです。


噛み癖について
噛み癖のしつけ重要なのは噛んでもよいものとダメなものの違いをわからせること。
だいたい乳歯から永久歯に生え変わる頃から人にじゃれてかんだりするようになるらしいです。
強く噛んだ際にはしっかり叱り、痛かったことを犬に悟らせ、教えるこみましょう。
そして噛むのをやめたらちゃんと褒めてあげるべきなんですって。
愛情を持って接するのが基本ですよね。

吠え癖について
無駄吠えにいちばんよいのは、仔犬の頃からしっかりしつけるべきだそうです。
吠えた瞬間におどろかせたり、チャイムの音に反応して吠えるのなら座っているカーペットなどに紐をつけておき、吠えた瞬間に引っ張って転ばせるなどして吠えてはいけないことをわからせます。
コツは天罰のように、飼い主がやったと気づかれないようにすることです。
なるほど、これは難しいですけど効果的ですよね。
最後は基本として愛情をもって繰り返し行い、吠えなかったらおやつをあげて褒めてあげましょう。

仔犬の夜鳴きについて
まだ小さな犬の場合、夜になると寂しくて吠えることがあります。そんなときは心を鬼にして無視し、
相手にならないようにしましょう。
寂しくないようぬいぐるみやおもちゃとかを置いておくもありのようです。


トイレのしつけについて
トイレの場所をしっかりと決めるとしつけがしやすいでしょう。寝起き、食後、水分補給後、
運動中などの際にはちゃんとトイレへ連れて行き、用を足すのを見届けてください。

つまり、体調管理をするってことなんですよね。

そして失敗したらしかるのではなく成功しやすいよう心がけ、トイレで用を足したら褒めてあげることを
忘れないよう注意しましょう。
これによってトイレで用を足す→誉められる→嬉しい→またトイレでするというパターンが犬の頭の中にインプットされるまで頑張ればOK。


ふぅ、大変ですね。
結局は飴とムチの使い分けなんですね。

やはり生き物ですから、愛情をもって、その子のために厳しく優しく接することが大切なんですね。
ヾ(〃^∇^)ノ♪
posted by mixed-media at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。