お米の品種で美味しいのは北海道にある

2009年02月17日



美味しいお品種が取れる地域。

日本では秋田とか東北のイメージがあります。

しかし、最近は温暖化の影響で、米どころがどんどん北に移動してる!?

って話があります。

何年か後には米作りの本場は北海道になるのではと言われているそうです。

それはホントかどうかわかりませんが、
実際に北海道産のお米は美味しくなっているらしいですよ。

品種改良。

農家の努力。

そして、流通の工夫。

北海道米は収穫後のたんぱく質の含有率によって主食用から加工用と分けて出荷しているんですって。

北海道産のお米の特徴。

それは冷めても美味しいこと。

常に炊き立てのお米をたべるわけじゃなく、一度炊いて朝、昼、晩と分けて食べるわけですから、味の劣化の少ないお米は良いわけです。

これはおにぎりにしても美味しいお米。

ってことですよね。

まだまだ北海道以外では見かけないわけですが、一度食べたい人は直接ホクレングリーンシヨップというネット通販を利用してみましょう。

代表的な北海道の新品種を販売されています。

値段も5キロで2000円程度と一般のお店と同じ。

通販で買ってみても良いかも。
タグ: 品種 北海道
posted by mixed-media at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かまぼこを通販してました。

2009年02月16日

母が以前、定期的に郵便局でのお取り寄せの通販を利用していました。

お取り寄せ食品の中で、思ったより美味しかったのが「かまぼこ」。

どこだったのかなぁ・・・

どこのかまぼこが忘れちゃいました。

ふと思い出して、食べたくなったのに(笑)

切り分けるだけで調理の手間がかからないし、
朝食でよく食べてました。

軽く火を通して焦げ目を付けたものは生とは違った味わいがあり、酒の肴にするのも良いですよね。


それにしても、かまぼこってなぜ板がついているんでしょう?

調べてみました。

かまぼこの原型はすりつぶした魚肉を棒に巻いてやいたものだったそうです。

竹輪に近いものだったそうです。

この形が植物の蒲の穂に似ていることから、

がまのほ

がまほこ

かまぼこ

となったらしいです。

落語みたいですね・・・



で、かまぼこの板には一般的に白くて臭いのないモミやシラベといった木が使われているそうです。

で、板の話ですが、

かまぼこを半円形にするために板があると形を整えやすいから。

持ち運びにも便利で、板に含まれる防腐成分が、かまぼこを腐りにくくしてくるんです。

さらにかまぼこを作る際に加熱と冷却をするのですが、その過程で余分な水分を吸い取ってくれる。

板が水分を適度に調節してくれるんですね。

かまぼこの品質と鮮度を保つためにとても必要なものなんですね。
posted by mixed-media at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高級な鰹節の作り方

2009年01月28日



この前、お好み焼きを食べたんですが、その上に載っている鰹節。
日本の代表的な保存食品。

ゆらゆら〜

ゆらゆら〜

ずっと見てしまうのは私だけ?

この鰹節。

他に削り節っていったりしますよね?

どうちがうの?

かつては、鰹節と呼び、広く流通していたが、かつお以外を原料とするものまで混じっていたことから、商品としての誤解を避けるため、「削り節」と呼ぶこととなった。

ってことだそうです。

鰹以外にも原料になってるんですね。

その一例で静岡県の一部では、イワシ削り節がよく用いられる。コクがあり、安価なため大量に使用できるらしいです。

へぇ〜食べてみたい。


でも、調べてびっくりしたことがありました。


高級な鰹節をつくるために重要なものって知ってます?

なんと「カビ」

カビといってもその種類は無数にあるわけで、中には人間のとって有害なものありますが、その逆に有益なカビもあるそうです。

鰹節はそのカビがないと出来ないそうです。

ただ、単に乾燥させたものかと勝手に思っていました。

しかし、それは大間違い。

乾燥だけではあの風味は出ないそうです。

鰹節になるまで普通は4回。カビ漬けされるそうです。

一番カビ、二番カビ・・・って数え方をするそうです。

カビがつくとそのカビが鰹の水分を吸収する。

そうやって乾燥させる役目をもってるそうです。

それだけでなく、鰹の肉がついたカビが脂肪分を分解し、うまみ成分を出させる働きをしているそうです。

カビなしでは鰹節を出来ないってことなんです。

カビ様様なんです。

ちなみに鰹節が発明されたのは、紀州熊野の地であるといわれています。

本当のかつお節がここまでくるのに約4ヶ月から5ヶ月。完成品には、半年くらいかかるそうです。

こういったカビを生やした枯節(かれぶし)と呼ばれる種類の鰹節は、うま味成分やビタミン類が他の鰹節より多く含まれ、高級品として扱われているそうです。

ほほぅ。
カビがこんなすごいとは・・・


posted by mixed-media at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪なら鶴橋かな、焼肉は。

2009年01月27日

この前、鶴橋に行きました。
で、焼き鳥を食べました。

・・・鶴橋って焼肉店が有名なんですけどね・・・

何やってんだろ?私。

今度こそ、焼肉を食べにいこ。

で、ここで美味しい焼肉屋さんのポイントを。

それは・・・

キムチ!

焼肉関係ないじゃん!

確かにね・・・

でも、これでお店の質が分かるんですって。

キムチの味から何を読み取るのか・・・

それは酸っぱさの度合い。

そこにそのお店の良心、もしくは商品の回転さを知ることが出来ます。

キムチは発酵食品ですから、日が経つにつれて酸味が増していく。

その酸味も味わいといえば良いかもしれませんが、あまりにも酸味が強いのは考え物。

つまり、そんなキムチを出すお店は古くなってものを出しているということです。

う〜ん、まずはキムチだけ食べてから肉を注文するものアリ?


第二のチェックポイント。

カルビ。

並カルビで十分です。
これはよく売れる品で注文の多いメニューですから、これの量や味によってお店の姿勢や質が一番出るところなんだそうです。


第三のチェックポイント。

それはレバー。

しかも生レバー。

生ですから臭いあるなしがポイント。

臭いが少なく、とろけるような食感を保っていれば、合格。
新鮮な仕入れと的確な下処理をしている証拠なので、他の肉も期待がもてるわけです。

良い店は夜に出すレバーはその日の夕方に届くように発注するそうです。


鶴橋にはたくさんの焼肉屋が並んでいます。

良い店を探すにはたくさんのお店を回らなければなりませんね。

ああ、ダイエットできない!!
タグ:焼肉 鶴橋
posted by mixed-media at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丼といえば牛!牛丼の作り方のワザ。

そう、牛丼

美味しいですよね。

吉野家すき屋なんかどこの町でも見かけます。

少し前まではサラリーマンや学生がはいる男性の店って感じでしたけど、今は女性でもふらりと一人で入れるようになりました。

前には外国産の牛肉が問題になって大変な時期がありましたが、お肉以外にも重要なのはやはり「お米」。

どの牛丼屋さんもお米には力をいれているそう。

一般に牛丼に向いているお米は、あまり水分を吸収しすぎない、すこし硬めのタイプの品種がいいといわれているそうです。

そのためタレの通りのよい硬めの米を数種類ブレンドして使うのが一般的だそうです。

これらのお米。
実は盛り付けにもしっかりとしてマニュアルがあるってしってました?

例えば、吉野家の場合、丼にご飯を盛るときに必ず2回に分けて盛ると決められているそうです。

重要なのは2回目の時。

圧力を加えず、ふわっと表面をなだらかな丘状にするということです。

わざわざ2回目に分けるの理由は・・・

ご飯をふわっと盛ることで美味しそうにみせることと、タレを染みこみやすくするため。

1回でかっちり盛るとご飯の塊ができてしまうし、3回以上だと手間がかかってしまう。

ちゃんと理由がとおった2回盛りなんです。

丘状に盛るはタレをバランスよく浸透させるためで、逆に真ん中が凹んでいると肉もタレも真ん中に寄ってしまうんだそうです。

ご飯の盛り方ひとつでも美味しく食べてもらうためのワザがあるんですね。

自宅で作る場合なんかにも十分通用するワザですね。

タグ:牛丼 作り方
posted by mixed-media at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美味いラーメンランキングに載ってるけれど

2009年01月20日

私の家のすぐ近くに何度も雑誌の美味しいラーメンランキングの一位に輝いたお店があります。

確かに美味しいです。

狭いお店でおじさんがラーメンを作って奥さんが給仕をしてるお店です。

毎日忙しいお店です。

何度も食べに行きましたが・・・


最近、ちょっと味が変わってきた気がします。

たった一人で作り続けているラーメンはだんだん味が変わってしまいがちという話を聞きました。

特に多いのが味がしょっぱく傾向があるそうです。

そうなんです。

まさに近所のそのラーメン屋さんはそんな感じ。


お客が数人入ればすぐ満員って感じお店で、ひとりのおじさんが切り盛りするのは大変だと思います。

ずっと、おじさんはラーメンを作り続けています。

永遠と続くお客。

おじさんとのお客との会話もほとんどありません。

だからでしょうか?

お客からの感想を知らず、作り手のおじさんだけの舌に味付けを頼ってしまうんでしょう。

しかも蒸し暑い厨房で常に汗をかいているせいで体に塩分が出ちゃうらしく、そのせいで作り手で味見するときは塩分が多い味付けになるそうです。

う〜ん、人気店にも問題がつきものなんですね。

で、さらにラーメンはスープが命。
とんこつ系や鶏がら系スープの味を決めるものは骨から染み出るコラーゲン!

女性なら聞き逃せない単語、コラーゲン。

実は多くのラーメン屋さんでは時間帯によってコラーゲンの濃度が変わるそうです。

コラーゲンはスープの上部に浮きやすいため、最後の方になると量が少なくなってしまう。

つまり本当のとんこつ系や鶏がら系スープの味を堪能したいのなら、仕込が終わったばかりの午前中からランチ前までに来店するべし!

ああ、でも午前中からとんこつ系ラーメンはキツイか・・・


ちなみに大きなレンゲをつかっているお店は味に自信があるといううわさを・・・
スープの美味さを感じる舌の部分は舌の横側なんだそうです。

だから大きいレンゲでスープを飲むと、ちょうどスープの舌の横に流れ広がるってわけ。

それを考えてお店がレンゲを使っているかは知らないけどねん(笑)
posted by mixed-media at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浄水器のコストはカートリッジとかで考える

2009年01月19日


水道から出る水は不味くて飲めない。

いつからでしょうね?こんなのいうようになったのは。

子供の頃は平気にガブガブ飲んでました。

理科室の水道水は少し不味い・・・

なんかそんな記憶が・・・(どんな記憶だよ?)
(´⌒`;)
今では浄水器をつけてる家が結構いますよね。

ウチもつけようか考え中。

味も違うし、なんか体にも良さそうな気がします。


浄水器といえば蛇口に設置するタイプをイメージするんですけど、
最近ではブリタといわれるポット型の浄水器が人気とか。

こんなやつ↓↓↓
BRITA MAXTRA ナヴェリア 1.3L 【デビュキャンペーン:カートリッジ1本増量(計2本)】

↑どう?マウスをあわせるとポンと画像が出てきますよ。
アフェリする気ないけど、話題の商品とかの画像を載せるのに便利なので導入してみました。

ポット型の浄水器ブリタ。
外によく見かけたのが、蛇口につけるタイプ。さらに水道管から分岐させる据え置きのタイプがあります。

蛇口設置型でも、据え置きタイプでも、ポット方でも結局はカートリッジに水を通す仕組みは一緒なので性能の差はないそうです。

たとえば、設置型のタイプでは有名なのがシーガルフォーっていうのがあるらしいんですが、
本体価格が8万以上!

それに加えてブリタは5千円ほど。
初期コストは圧倒的にブリタですよね。

でも水は日々つかうものですから、初期コストよりもカートリッジ交換にかかるランニングコストの比較が最も重要だと思うんです。

本体が安くても継続して使う交換部品が高かったり、頻繁に交換が必要なのでは意味がありません。

でカートリッジの交換が設置型が一年毎くらいに一回だったりしますが、
その値段が一万円を超えたりします。

ブリタだと8週間ごとに交換ですが、年間のランニングコストは一万円弱。

これはブリタのほうが手間はかかりますけど、お値段的にはいいかも知れませんね。

でも料理とかで大量に水を使う場合はポット型は難しい。

選択の決め手はどのように水を使用するかどうかですね。

何度も浄水する手間を不便と感じるなら蛇口設置型、据え置き型にいいかもしれません。

ま、飲み水に使うのなら私はポット型ブリタがお勧めかな?

あ、もし購入を考えているのなら、
この記事は個人的な推測なのでちゃんと調べて買ってくださいね。
(。-∀-) ニヒ♪
posted by mixed-media at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタバのコーヒーとは違う?どこが?

2009年01月14日


よくコンビニで見かけます。
チルド(冷蔵)のカップコーヒー

コーヒーカフェスタバことスターバックスのマークのついたカップコーヒー。

色んな種類が出てますよ。

見た目もおしゃれだし。スタバのマークがあれば美味しいかしら?

実際お店で飲むより値段も安いし・・・と思って買っちゃいますよね。

でも実際に飲んでみると・・・

これがスタバのコーヒー?
(。-`ω´-)ンー
こんな味だっけ?

???

少しがっかりするんです。

やっぱりお店で飲んだりするほうがいいかも。

同じコーヒーなのにカフェで飲むほうが雰囲気もあるし、それで味わいも変わってくるのでしょうか?

買ったカップコーヒーのパッケージの裏面を見ると総発売元はサントリーって書いてる。

そうなんです。

スターバックス製ではないんです。

これはスタバの店舗と同じ豆を使っているだけで、本家のレシピで作っているわけではないそうなんです。

ほげー!
Σ(・ω・ノ)ノ
別にスタバの監修もないようです。

名前を貸してるだけってことかしら?


うーん、これってアリ?

ひどいメーカーでは使用するぞ剤もレシピもまったく関係のないコーヒーカフェの名前をつかっているのもあるそうです。

こ、これは!

いいのでしょうか?

でもこの名前だけ一緒の製品は衣料や食料品とかでは結構当たり前で行われているそうなんです。
そう考えるとサントリーがスタバと同じ豆を使っているだけ、だいぶこだわっている方なのかもしれません。

ま、体に悪くなくて美味しかったらいいんですけど。

「やっぱ、スタバはおいしいなぁ」とかいってる人もたくさんいるんでしょうね(笑)
(ノ∀≦*)ノ゛
posted by mixed-media at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家でカプチーノメーカー

2009年01月13日

フジテレビのめざましテレビで紹介されたことで
今売れてるものがあるそうです。

丑年にちなみ、牛をモチーフにしたカプチーノメーカー

ムッカ エクスプレス
ヾ(●´▽`●)ノ彡
水とコーヒーとミルクを入れるだけ!だって

作り方は・・・

タンクに付属の計量カップで150ccお水を入れます。

コーヒー約15gをフイルターバスケットに入れて、タンクに上部をセット。

牛乳を入れます。

火にかける

火にかけて温度があがるとボムッと音がしボタンが自動的に上がります。

フタをあける。

するとどんどん泡が立ってくる」!


できあがり〜

火にかけるだけで、クリーミーなカプチーノを簡単に作る事が出来るわけです。

スターバックスとかたくさんのコーヒーショップが出てきますが、
家でゆっくりおいしくて温かい飲み物を飲むのオツなもの。

お酒じゃないけど、「家飲み」

電気式エスプレッソコーヒーメーカーと違い場所をとりませんしね。

中には作り方のDVDもついてるところもあるから、楽天とかで調べてみてください。

躊躇していました。上手く出来るのか?すぐ飽きてただの置物になるのでは?と思う人もいると思います。

ちょっと高く感じるかもしれませんけど、何度も外で飲み続けるよりもリラックスして
自分で工夫して、楽しめること考えるとそれほど高い買い物でないかと思います。

凝りだしたら、マメとか牛乳、水とか材料とか凝りだしたらキリがないかもしれませんけど(笑)

お手入れも許容範囲内。なにより見た目もかわいいのがたくさん出てます。

はじめは良い味にならない人が多いみたいですけど、あれやこれやと工夫するもの
醍醐味の一つですから、ぜひ、試してみてください。
posted by mixed-media at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食に思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。